フロアコーティングの注意点

###Site Name###

天気の良い日々が多くなって来てフロアの汚れ、傷なども目立つ季節になりました。

そろそろフロアコーティングでも、とお考えの方も多いと思います。

DIYが流行りの昨今、自分でやってみようとお考えの方に2、3注意すべき点を述べてみたいと思います。


まず、フロアコーティングと言ってもただ塗りたくれば良いという訳ではありません。

手順としては、先ず以前塗ってあったコーティングを取り去らなくてはなりません。
まあこれはタイル等の場合の本格的な手順なのですが、でも確かに以前塗ってあった汚れたコーティングの上に重ねてコーティングをしたら、やはり奇麗な出来上がりのコーティングとは言えませんね。
特別気にする人は行ってください。

次に、床には年月の経過と共に傷やら穴が出来ています。
目に見えなくても傷等は生じています。

その傷や穴を塞いで表面を平らにするために、第一のコーティングを行うのです。


塗料屋さんに行けばそれ用のワックスが置いてあるはずです。

埼玉のフロアコーティングの情報について、かしこい情報の見分け方や利用方法を解説します。

そのワックスが十分乾いたら、初めてフロア用の上塗りのコーティングを塗るのです。

単にフロアコーティングと言っても、本格的にやろうと思ったら、けっこう奥の深いものなのです。



まあ、家庭での日曜大工を楽しむ為の作業においては、それ程難しく考える必要は無いでしょう。

今までに培ったノウハウを活かし、産経ニュースについて紹介しています。

でも、正しくはこう行うものだ、と言う事を知っておく事は大切な事だとは思います。
つまる所、最初に基本をしっかりと身に付ける事は重要だ、と言う事に収まる様です。