機能性がアップしたエコカラットプラス

###Site Name###

快適な室内環境を実現する重要な要素の一つになるのが調湿です。


同じ温度でも湿度によって不快の感じ方が大きく異なるため、調湿性のある建材をうまく活用して室内を快適な湿度に保つことができます。

日本経済新聞について考えます。

日本では古くから漆喰や珪藻土などの調湿建材がつかわれており、珪藻土は非常に小さな穴が無数にあいている多孔質構造になっていることにより、優れた調湿機能を発揮するものです。

この細孔内に水分を保持して何度でも吸放湿を繰り返してくれます。
しかし、近年ではこれらの建材に続くあらたなものが続々と登場しており、特にエコカラットプラスは珪藻土の5から6倍の調湿機能を持つものです。



珪藻土に同じく超微細な孔がカギとなりエコカラットプラスは吸放湿の量だけでなく、そのスピードもはやいのが魅力となっています。

神奈川のエコカラットを知りたいならご活用ください。

そのため、エコカラットプラスの吸放湿性能は圧倒的といわれ、24時間の間に1平方メートル当たり400gの吸放湿を行ったというデータもあります。
それに加え、高い消臭機能を持ち合わせており、トイレやペット、生ごみ、たばこ臭などの原因となるVOCを分解、消臭、特にトイレと生ごみ臭に関しては残存率ゼロという高い消臭効果を発揮する建材です。


近年、在宅介護の家庭が増えており、消毒臭や汚物、体臭などを要因とした介護臭がきになるというところも増えていますが、エコカラットプラスはそのような介護臭にも効果があり、表面の汚れもふき取りやすいなど清掃面でも優れています。