ワックスとフロアコーティングの違い

###Site Name###

ワックスもフロアコーティングも、フローリングを保護するという点では共通点があるため、同じようなものだと勘違いされることもありますが、このふたつには大きな違いがいくつも存在します。最も大きな違いは、その耐久年数と美しさを持続できるかどうかです。ワックスの場合は長くてもせいぜい数か月しか持ちませんし、塗り直しをする時にわざわざ全剥離する人はいないので、薄汚れたフローリングの上にまたワックスを重ねることになってしまいます。



そのため、何度も塗り重ねていくごとに汚れが蓄積されていった結果、数十年後には全く違う色になってしまうのです。


それに対してフロアコーティングは、耐久年数が大変長くて最低でも10年は持ちますし、30年以上メンテナンスが要らないものもあります。
そのため、綺麗な状態をずっと保つことが出来るのです。

そして、ダメージに対する保護性能も違います。

埼玉のフロアコーティングに関するサポートサイトはここです。

ワックスは、何かを落としたり子供やペットが傷を付けた場合ほとんどそれを防ぐことはできません。

しかし、フロアコーティングは塗布されている膜面の硬さが全く違うので、それらのダメージをシャットアウトしてフローリングをしっかりと保護してくれます。

そして、光沢の美しさも違います。

livedoorニュースついて詳しく説明しているサイトです。

ワックスにもある程度のツヤはありますが、全く比べ物になりません。
フロアコーティングなら、艶やかな光沢を長持ちさせることが出来ますし、その光沢も光が反射してピカピカに輝くタイプから、光沢を抑えたマットなタイプまで、それぞれの好みで選ぶこともできるのです。


このように、あらゆる点から考えても、ワックスよりもフロアコーティングの方がおすすめです。